スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権現山1号墳 豊橋市の古墳5

  • 2012/02/28 08:27
  • Category: 古墳
IMG_4825.jpg
後円部

IMG_4826.jpg
墳頂部




愛知県豊橋市にある権現山1号墳です。

権現山の頂上へ続く尾根上にあります。

この辺りにある前期古墳の中では珍しく遺物が出土しており、築造年代の推定ができる数少ない古墳です。

竪穴式石槨の天井石が確認されています。

形状が前方後円墳であるか、前方後方墳であるか、意見がわかれているようで資料によってまちまちです。

愛知県史には豊橋市教育委員会の調査により、後円部が正円ではなく直線部があるが前方後円墳であることが確定したことが書いてありました。


権現山2号墳から尾根を少し下がった90メートル先にあります。

冬でも藪に囲まれていて、行きやすい古墳ではありません。

墳丘はよく残されていて観察はしやすいです。

二重口縁壺形土器が出土しており墳丘上に並べられていたようです。




名称:権現山1号墳
所在地:愛知県豊橋市石巻本町別所北入田
形状:前方後円墳
規模:
墳丘長38.5m、後円部径23m、高さ3.8m。前方部幅14.8m、長さ15.4m、高さ1.5m。
築造年代:4世紀中葉
主体部:竪穴式石槨
出土品:二重口縁壺形土器
一部葺石あり。
指定:県史跡 昭和48年4月4日。


〈参考〉
前方後円墳集成 中部編
企画展 三河の古墳
愛知県史
現地説明板
とよはしの歴史





より大きな地図で 権現山1号墳 を表示



にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

☆ぐっさん

Author:☆ぐっさん
前期古墳を中心に古墳や古墳時代を探求することを楽しんでいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。