スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東之宮古墳  愛知県犬山市

  • 2012/07/04 13:33
  • Category: 古墳
IMG_1059.jpg
細い道を登っていく

IMG_1060.jpg


IMG_1065.jpg


IMG_1068.jpg
後方部裾

IMG_1079.jpg
前方部

IMG_1083.jpg
前方部から後方部を見る

IMG_1084.jpg
後方部墳頂

IMG_1086.jpg
後方部から前方部を見る

IMG_1090.jpg
東之宮古墳から見た犬山城

東之宮古墳3
全景





愛知県犬山市の東之宮古墳です。

白山平山の山頂にある墳丘長78mの前方後方墳です。


雨の悪コンディションの中、山道を登って到着することができました。

巨大な墳丘がよく残されていて改修を受けたのだろうかと思わせられるくらいでした。

前期古墳によくある地山を削りだして形を造ったのではなく、一旦地面を水平にならしてから、どこかから土を山頂まで運びこみ造ったそうです。

周濠はありません。

葺石は段築が無い斜面の全面に葺かれていたそうです。


1973年3月に盗掘事件が発生し、同年8月から発掘調査が行われました。

銅鏡が11面発掘され、その中に三角縁神獣鏡が4面含まれていました。

4面すべて舶載鏡としては新しい方の形式のものです。




今月の1日に東之宮古墳を訪れましたが、なんと1日から39年ぶりの竪穴式石槨の再調査が始まる予定だったそうです。

全然知りませんでした。偶然ですね。

雨が降っていたせいか調査は行われていませんでしたが。

帰宅してネットをつなぐと発掘調査について教えてくださった方がいらっしゃいました。

ありがたいことです。


ネットで東之宮古墳について調べていくうちに、畿内の古墳でも無いのにここまで多くのことが語られている古墳は珍しいと思うようになりました。

それはきっと愛知県埋蔵文化財センター副センター長の赤塚次郎さんの尽力によるものでしょう。

情熱を感じます。


今回の発掘で多くの成果があがることを期待しています。








名称:東之宮古墳
所在地:愛知県犬山市大字犬山
形状:前方後方墳
規模:
墳丘長78m、後方部長48m、高さ8m前方部幅43m。高さ8m。
築造年代:古墳時代前期中葉
主体部:
後円部中央。竪穴式石槨(長さ約4.8m。幅96cm。)。割竹型木棺

出土品:銅鏡11面(三角縁神獣鏡4面、斜縁同向式神獣鏡1面、方格規矩鏡1面、鳥頭獣像鏡1面、人物禽獣文鏡4面)、石製品(石釧3点、車輪石1点、鍬形石1点、合子形石製品2点)、玉類130点(翡翠勾玉3点、硬玉管玉127点)、鉄剣4点、鉄刀9点、鉄槍17点、鉄鏃5点、斧6点、針筒1点、Y字型鉄器2点、。
史跡指定:国史跡 1975年


三角縁神獣鏡データ
(全4面)


名称:唐草文帯三神二獣鏡
直径:21.3cm
三角縁神獣鏡事典、目録番号:89
同型鏡出土遺跡:不明鏡(鏡作神社)
舶載鏡

名称:天・王・日・月・唐草文帯二神二獣鏡
直径:21.5cm
三角縁神獣鏡事典、目録番号:93
同型鏡出土遺跡:兵庫県・ヘボソ塚古墳、大阪府石切周辺(推定)、京都府・長法寺南原2面、京都府・八幡西車塚、奈良県・佐味田宝塚古墳、岐阜県・円満寺山古墳、岐阜県・矢道永塚古墳。
舶載鏡

名称:波文帯三神三獣鏡
直径:21.3cm
三角縁神獣鏡事典、目録番号:123
同型鏡出土遺跡:大分県・亀甲山古墳、兵庫県・龍子三ツ塚古墳、不明鏡(梅仙居蔵所蔵鏡)
舶載鏡

名称:波文帯三神三獣鏡
直径:21.4cm
三角縁神獣鏡事典、目録番号:127
同型鏡出土遺跡:大阪府・弁天山C1号墳、奈良県・鴨都波1号墳、不明鏡(栃木県立博物館)
舶載鏡



〈参考〉
三角縁神獣鏡事典
現地説明板
犬山市HP








より大きな地図で 東之宮古墳 を表示





にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ

Pagination

Utility

プロフィール

☆ぐっさん

Author:☆ぐっさん
前期古墳を中心に古墳や古墳時代を探求することを楽しんでいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。