スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連城寺経塚古墳  想像図

161107連城寺経塚古墳_image

磐田市の御厨古墳群にあった連城寺経塚古墳の想像図です。

東海道本線の工事で1885年(明治18年)か1886年に削平されて消滅しました。

ちなみに東海道本線のこの区間は1889年(明治22年)に開通しました。

墳丘長91m、後円部径55mの前方後円墳だったと言われています。

三角縁神獣鏡1面が発掘されました。

葺石、埴輪は無かったと言われており、段築や前方部幅は資料に無かったので想像で再現しました。









にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gussannkohunn.blog.fc2.com/tb.php/153-29e00eae

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

☆ぐっさん

Author:☆ぐっさん
前期古墳を中心に古墳や古墳時代を探求することを楽しんでいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。