スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生時代の戦争

161215人形貫頭衣6_image

古墳時代前期の古墳をいろいろ勉強していると、弥生時代にあった戦争に興味を持ちました。

2世紀後半に起きたと言われる倭国大乱についてです。

弥生時代の戦争の痕跡を調べていくと違うことがわかりました。

2世紀後半よりも弥生時代中期の紀元前1世紀の時代の戦争の痕跡の方が多く残されていたのです。

受傷人骨や武器工房、環濠集落など。

勝手に想像すると紀元前1世紀に戦争が起こり集落からクニへと勢力が大きくなり

2世紀後半に多くのクニの間で戦争が起こり

古墳時代に入って、小さな戦争は起きたが比較的平和な時代が訪れたということなのでしょうか?









にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gussannkohunn.blog.fc2.com/tb.php/166-3f94d18f

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

☆ぐっさん

Author:☆ぐっさん
前期古墳を中心に古墳や古墳時代を探求することを楽しんでいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。