スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九郎平屋敷古墳 浜松市の古墳 消滅・埋没古墳2

  • 2011/08/31 12:16
  • Category: 古墳
IMG_7668.jpg



浜松市西区雄踏町にかつて存在した九郎平屋敷古墳です。

砂丘を削る工事をしている時に偶然発見され、調査をされぬまま破壊されてしまったそうです。

横穴式石室と須恵器(無蓋高坏)一点と刀子片一点が出土しました。

7世紀初頭に造られたと思われます。

古墳発見時のスナップ写真が一枚残されています。

7世紀初頭と言えば蘇我氏や聖徳太子が権勢を誇った時代ですね。

そんな時代に雄踏町ではどんな生活が送られていたのか興味があります。
 

参考
雄踏町史 資料編5









より大きな地図で 九郎平屋敷古墳 を表示




にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gussannkohunn.blog.fc2.com/tb.php/17-f8d7ef87

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

☆ぐっさん

Author:☆ぐっさん
前期古墳を中心に古墳や古墳時代を探求することを楽しんでいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。