スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作左山横穴 浜松市の古墳 消滅・埋没古墳5

  • 2011/11/14 20:05
  • Category: 古墳
IMG_0121.jpg


浜松市中区元城 浜松城公園内にかつて存在していた作左山横穴です。

静岡県内で天竜川の西側で確認された唯一の横穴です。

昭和39年に玄室の前半部が破壊された状況で発見され、浜松市教育委員会に調査されました。

天井は落下しており、形状は遠江の横穴に普遍的に見る形をしていたそうです。

残存する床面から刀子と鉄鏃が出土。調査以前に長頸壺と平瓶が出土しており7世紀中葉のものと見られました。

作左山横穴の発見により中区富塚町に2基の横穴が存在していたことが再評価されたそうです。

浜松城公園を整備する過程ですべて破壊されてしまいました。



ほとんど県史のまる写しになってしまいました。

私に横穴の知識はほとんどありません。

浜松市に存在していたと言われる3基の横穴はすべて消滅してしまったようです。

横穴墓は古墳時代の墓制の重要な1形態です。

機会があれば勉強してみたいと思います。


〈参考〉
静岡県史






にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gussannkohunn.blog.fc2.com/tb.php/29-59ab9d63

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

☆ぐっさん

Author:☆ぐっさん
前期古墳を中心に古墳や古墳時代を探求することを楽しんでいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。