スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引佐町古墳解明の歴史  浜松市の古墳シリーズ

  • 2012/03/24 18:02
  • Category: 古墳
DSC_0156.jpg





静岡県浜松市北区引佐町には多くの古墳があります。

それらの古墳は調査を受けた古墳が多く、古墳時代に存在した首長の系譜が明らかになっています。

それは引佐町、歴文会、地元有志、学者などの努力の賜物です。

同志社大学の辰巳和弘さんの著作「聖なる水の祀りと古代王権 天白磐座遺跡」には引佐町の古墳調査解明の道程が記録されています。

この本を読んで私は感動を感ぜずにはいられませんでした。


引佐町の古墳解明の歴史を、この本を元にレポートしたいと思います。






明治初期
この時期に書かれた文書に城山古墳群の記述がある。


明治中ごろ
牧師であり考古学者でもある土屋彦六さんが引佐町を訪れる。土屋彦六さんは浜松市にある縄文時代の蜆塚遺跡採集品を「東京人類学雑誌」に報告している。
月岡準三さんも引佐町に来ている。


1934年
馬場平古墳が乱掘を受ける。この時、馬場平3号墳の大部分が削土され消滅。出土遺物は個人蔵となる。


戦後、蜆塚遺跡の発掘調査を行っていた後藤守一さんのもとに馬場平古墳出土品が持ち込まれる。


1959年
内藤晃さんにより「静岡県の歴史」に馬場平古墳が紹介される。


1967年
馬場平古墳出土品の大半が県指定有形文化財に指定される。


1974年
「引佐町歴史と文化を守る会(歴文会)」発足。


1977年
町史編纂室設置。


1979年
「考古学から見た郷土史講座」開催。講師、辰巳和弘さん。

当時、静岡県教育委員会文化課に勤務しておられた辰巳和弘さんが講師を引き受けられた理由をこのように本の中にこのように記されています。
「(引佐町の多くの文化財を例にあげ)文化遺産の多彩さは周辺の市町村に劣ることはない。地域史への関心はさぞ高いものと予想できた。そうした引佐町からの要請なら、考古学の面白さや遺跡に関する話の中から文化財保護の大切さをPRすることも有効だろう。依頼を受けることにした。」
ここから本格的な引佐町の古墳の解明が始まりました。
講座は寒い中いつも70人をこえる町民の姿があったそうです。
そこから古墳発見が相次ぎます。

北岡大塚古墳、北岡1号墳発見。
北岡2号墳、北岡3号墳発見。
一ノ沢古墳群発見。
白山古墳群発見。
この間のことを「夢を見ているような二か月だった。」と辰巳和弘さんは記されています。

年末、北岡2号墳発掘調査。
谷津古墳、確認。


1980年
北岡大塚古墳が前方後方墳であることを確認。
細江町、陣座ヶ谷古墳測量調査。


1981年
馬場平古墳、墳丘測量。
馬場平3号墳、残存墳丘測量。


1982年
馬場平古墳、粘土槨発掘。
馬場平古墳群出土遺物調査。
一ノ沢古墳群、測量。
北岡1号墳、測量。
藤本浩一著「磐座紀行」に渭伊神社の巨岩(天白磐座遺跡)記載。


1983年
「引佐町の古墳文化Ⅲ」発行。


1985年
地元有志と歴文会による磐座まつりはじまる。


1987年
谷津古墳、測量。
白山古墳群、測量。
白山1号墳、発掘。
引佐町遺跡分布調査。
城山古墳群、確認。


1988年
天白磐座遺跡発見
10カ所近い巨岩と周辺一帯を踏査。


1989年
天白磐座遺跡、発掘。
3月4日。天白磐座遺跡発見に関する記者発表
3月5日。「古代 井の国 の王者とまつり」講演会開催。


1991年
城山古墳群2号墳。発掘。


1995年
北岡大塚古墳、調査。




地元町民、地元自治体、その他の協力者の思いが一つになって成し遂げられた大仕事の歴史です。

1979年の北岡大塚古墳発見まで、引佐町の古墳は馬場平古墳しか知られていなかったそうです。

それが現在では多くの古墳時代の遺跡や古墳が発掘調査され、引佐町の古墳時代の姿がかなり明らかにされています。

文化財保護、文化財調査のひとつのモデルケースになるのではないでしょうか。

そんな地域が私の地元にあることをうれしく思います。








にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gussannkohunn.blog.fc2.com/tb.php/54-3c59fe29

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

☆ぐっさん

Author:☆ぐっさん
前期古墳を中心に古墳や古墳時代を探求することを楽しんでいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。