スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火穴古墳 浜松市の古墳 12-3

  • 2012/04/13 09:00
  • Category: 古墳
IMG_7056.jpg

IMG_7060.jpg

IMG_7063.jpg

IMG_7070.jpg



浜松市西区深萩町にある火穴古墳です。

桜が満開の時に訪れることができました。






にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gussannkohunn.blog.fc2.com/tb.php/55-2d0cf886

Comment

関東取締出役

安政6年頃に荘園時代からの代々所有し守る氏神様で家訓律令に下ずき
第35代目愛宕守太子大里陛下
(頚飾・菊花・桐花・旭日・宝冠・瑞宝・金鶏大綬/少尉任官・大元帥/藩主・文政8年生)など
若宮桃園信濃守太子親王家(源.本家/葛野藩)が
安永3年、寛政3年、文化5年、文政8年、天保13年に通き
産土宮(御殿)と若宮(御殿)を新調し行れた源氏最大の伝統祭事(信心和楽=政教一致)の
第37代目若宮様(太子葛野守大里陛下/頚飾カラ金鶏大綬/少尉任官・大元帥)
ご誕生の礼式は葛野藩法度(軍役)道理に遵い厳かに執り行れ

本地や河内・三河・信濃ナド飛地と3分家1脇分家と天皇家と各・親王家と分家の
本/水呑百姓など領民(=平民、矢野.支配ノ穢多ハ存在セズ)が
戸主・長男・次男と庄屋組・庄屋・5人組と1挺1々(連発)最新式.突撃銃(ウインチェスター)から
槍(銃剣式)刀(元帥刀式)と軍装を購入し(≒屯田兵)
天皇家と葛野藩と3分家1脇分家と御子様(次男ナド)と各・親王家と分家と共に
禁門変や鳥羽伏見変を歴戦し維新後.直に庄屋講と5人組講と変り
昭和20年頃まで存在し伝統祭事を支ていたのを御存知ですか。

政府が何処の誰か分無い者に替り坂本龍馬(海援隊)から購入した
数千挺の代金を支払った様な記述を見聞しますが
天皇家と葛野藩と3分家1脇分家と各・親王家に分家と御子様・皇子様等の
卒族(庄屋ヲ含ム、一代限ノ家来)の突撃銃や槍刀に軍装等は各・家.法度(軍役)に遵い各・家が支払い
庄屋組から戸主・長男・次男と集金し支払い
空・水冷ガトリングと弾薬等は藩主様が御支払に成ったのを御存知ですか。




天皇陛下は世界中で近親相姦(3親等以内=賤民)や子供に両親達を取締る人々の
市民義務の功績に紫綬褒章を叙され
自白綬の申請や
国籍の有る国で最低4親等以上の出生証明、軍歴証明を所轄官庁に申請し
所定用紙に民族身分に移民と賤民等と出生証明、軍歴証明に下ずき家系図を記入し
世界中の所轄官庁を通て宮内庁に登録すると
申請者個人々の家系図紫綬褒章に叙されるのは
世界中の国々で勲章等を叙している主権者共通の事で有のを御存知ですか。


コンビニの店先や建設現場で硬貨を洗う姿を見掛た事が有ませんか。


昭和20年迄は日本の戸籍も国際標準で民族・身分欄が有
君主国家に相応しく
昭和22年迄は主権者(皇族)に対する罪(大逆罪・不敬罪)も有ったのを憶ていますか。


無国籍(国際)監視対象人とは1870年代に朝鮮半島で飛地等の測量調査等を行っていた
中国、露国、蘭国、英国、米国、仏国、日本等に遺棄児を含む親子関係や男女も申告せず
奪った陸稲米を食アサッテていた賤民(ケガレ)で有る事は国際常識と言う事を御存知ですか。


94年春頃から96年晩秋頃迄に偉大なる木偶の棒ノ孫(金正男)などと
横田めぐみが来日していたのを御存知ですか。


昭和40年代迄は傷痍軍人を騙る物乞の賤民朝鮮籍(民族身分)を縁日等で見掛た琴が有ませんか。


=民族に平民以上か移民と賤民、賤民朝鮮籍が分無い国は存在し無い筈です=

  • URL
  • 2012/05/10 17:48
  • Edit

ふえふきじんじゃこふんくん

名古屋市の守山にも古墳がります。名古屋市博物館の「尾張氏☆志段味古墳群をときあかす」展を
ご覧になって、散策もいかがでしょうか。名古屋市民でした。

☆ぐっさん

>ふえふきじんじゃこふんくんさん
来訪ありがとうございます。
志段味古墳群は有名ですね。
いつか行ってみたいと思っています。
  • URL
  • 2012/05/30 16:12

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

☆ぐっさん

Author:☆ぐっさん
前期古墳を中心に古墳や古墳時代を探求することを楽しんでいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。