スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲着装人骨出土



群馬県渋川市金井地内にある金井東裏(かないひがしうら)遺跡にて、古墳時代の甲着装人骨と、乳児の頭骨が出土したそうです。

6世紀初頭の榛名山二ツ岳の火山灰で埋まった溝から出土しました。

榛名山二ツ岳の異変に気づき、甲を着て溝に避難したところを火砕流が襲ったのでしょうか。

乳児の頭骨も出土していることから、もっと多くの人々が溝に逃げ込んだと推測されます。

古墳時代の甲着装人骨は初めての出土なのだそうで、古墳時代の天災に巻き込まれた人々の貴重な発見です。



古墳時代の甲(よろい)着装人骨の出土について(金井東裏遺跡(渋川市)) ←群馬県のホームページ








ホームページに古墳動画のコーナーを新設しました。古墳コーナーのトップから入ることができます。


Earth Tour ←☆ぐっさんのホームページ




にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ

堀内古墳 愛知県安城市

堀内古墳



愛知県安城市堀内町屋敷にある堀内(ほりうち)古墳です。

この古墳は直径20mほどの円墳とする説、墳丘長40mほどの前方後円(方)墳とする説がありました。

平成22年の調査の結果、前方部の痕跡は確認されず現状では直径約23mの円墳と推定されています。

互い違いに種類の違う土を積み重ねる墳丘築造過程も確認されました。

しかし古墳に伴う遺物が発見されず築造時期の特定はできませんでした。




参考
「企画展 三河の古墳 安城の古墳時代を探る」
「平成22年度 市内遺跡発掘調査報告展」









より大きな地図で 堀内古墳 を表示



にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ



Earth Tour ←☆ぐっさんのホームページ

碧海山古墳 愛知県安城市

IMG_6873.jpg

IMG_6876.jpg

IMG_6877.jpg




愛知県安城市桜井町干地にある碧海山(へっかいざん)古墳です。

現状では22m×17.5mの墳丘ですが、復元すると直径24メートルの円墳であったと推定されています。

出土遺物は知られていません。

発掘調査は行われていません。



参考
「企画展 三河の古墳 安城の古墳時代を探る」








より大きな地図で 碧海山古墳 を表示





にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ


Earth Tour ←☆ぐっさんのブログ

塚越古墳 愛知県安城市

IMG_6837.jpg

IMG_6842.jpg
後円部墳頂

IMG_6843.jpg
前方部墳頂

IMG_6847.jpg
前方部から後円部

塚越古墳
墳丘 パノラマ合成






愛知県安城市古井町塚越にある塚越(つかごし)古墳です。

墳丘長約42メートルの前方後円(方)墳で、桜井古墳群の最北に位置しています。

昭和23年(1948年)に測量調査、翌年に発掘調査が行われました。

埋葬施設は粘土槨もしくは木棺直葬。紡錘車形石製品、鋸、鏨が出土しました。

築造時期は4世紀後半と思われます。


墳丘の両側が削平されているようで細長い墳丘が残っています。墳頂には発掘調査で掘られたあとと思われる窪みがあります。

お寺の裏側にあり入り口がわかりにくいです。

墳丘の高まりがよく観察できる古墳です。




参考
「企画展 三河の古墳 安城の古墳時代を探る」






より大きな地図で 塚越古墳 を表示




にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ



Earth Tour ←☆ぐっさんのホームページ

ホームページ



ホームページをリニューアルしました。

→☆ぐっさんのホームページ「Earth Tour」




にほんブログ村 歴史ブログへ

人気ブログランキングへ

Pagination

Utility

プロフィール

☆ぐっさん

Author:☆ぐっさん
前期古墳を中心に古墳や古墳時代を探求することを楽しんでいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。